千葉県で建設業許可をとるなら!

一般建設業許可と特定建設業の区分

特定建設業許可とは、発注者から直接請け負った1件の工事について、下請代金の額(下請契約が2つ以上あるときは合計額)が3,000万円(建築一式工事の場合は4,500万円)以上となる下請契約を締結して建設工事を施工しようとする場合に必要な許可になります。

 

一般建設業許可とは、上記以外の場合必要な許可です。一般建設業許可のみを所持している場合には、発注者から直接請け負った建設工事で、3,000万円(建築一式工事の場合は4,500万円)以上の下請契約を締結する工事を施工することはできません。

発注者から直接請け負う請負金額については、一般・特定に関わらず制限はありません。
発注者から直接請け負った1件の工事代金に関わらず、下請契約の総額が3,000万円未満であれば、一般建設業の許可で問題ありません。
上記の下請代金の制限は、元請の場合の話ですので、下請として工事を施工する場合には、このような制限はありません。 

私がサポートいたします!

一般建設業と特定建設業

千葉県出身 昭和46年生、早稲田大学卒、平成9年行政書士登録、平成11年社会保険労務士登録。基本的に打ち合わせ等は私の方からお客様のご都合の良い時間に合わせて伺いますのでわざわざご足労いただくことはありません。ご相談はいつでもお受けいたします。どうぞお気軽にご相談ください。


お問い合わせ先

Mail: isao.toya@gmail.com
電話:04-7153-2318
携帯:090-8497-4858

営業時間:月〜金曜 9:00〜19:00 ※時間外でもご連絡は受け付けております。

関連ページ

大臣許可と知事許可
大臣許可と知事許可について
建設業許可の業種
建設業許可の業種について
建設業許可の有効期限
建設業許可の有効期限について
建設業許可証をなくしたら
建設業許可証をなくしたら
建設業許可と社会保険
建設業許可と社会保険について
複数業種の取得
建設業許可TIPS
営業所とは
建設業許可TIPS
専任の技術者が必要な工事
建設業許可TIPS
電気工事業の登録
建設業許可TIPS
産業廃棄物の処理
建設業許可TIPS
政令3条の使用人とは
建設業許可TIPS
工事の丸投げについて
建設業許可TIPS
経営業務の管理責任者に準ずる地位
建設業許可TIPS